Fusion360の使い方を分かりやすく紹介!操作やコマンドなどを詳しく解説

CAD/CAM/CAE 研究所

今回は3DCADソフトの中でも人気のあるFusion360の使い方について詳しく解説して行きます。
画像付きで分かりやすく説明しているので、是非ブックマークしておくのをおすすめします!

Fusion360とは

Fusion360とは、汎用CADで有名なAutoCAD(オートキャド)で知られるAutodesk(オートデスク)社の3DCADソフトです。
3DCADソフトには様々な種類があり、趣味的な用途では3Dモデリングしたものをリアルな画像にできるソフト、3Dモデリングしたデータを3Dプリンター用の形式に出力できるソフトなどがあります。
製品造りのような用途では、強度などのシュミレーションができるもの、製品を切削するためのデータを作成できるものなどもあり、値段も機能もとても幅が広いようです。
こう聞くだけで3DCADソフトの機能を満遍なく使いたいと思った場合、いくつソフトをダウンロードしなくてはいけないの!?と思われると思いますが、Fusion360には上記の機能が全て含まれています!
そして上記に記載した以外にも3Dスキャンデータ読み込み、スカルプトという曲面デザイン機能があるなど、Fusion360には機能が盛り沢山なので、個人ユーザーからプロユーザーまで幅広く使える3DCADです。

Fusion360を使うメリット

Fusion360を使う1番のメリットは、まずは非商用の場合は無料で使うことができるという点です。
パソコンがあり登録さえすれば誰でも使えるのです。
先にもお伝えしましたが、3DCADには種類がかなりあり、当然高機能の3DCADソフトは高額です。
自分も仕事で使い慣れた3DCADを趣味でも使いたいと思っていましたが、個人が遊びで支払うには難しい金額でした。
そこでFusion360の無料版があることを知り、期待せずに始めてみました。使用してみたところ、趣味の用途においては仕事で使用している高額な3DCADよりも使いたい機能が揃っていました。無料版と有料版がありますが、有料版でも月額7,560円なので、ビジネスで利用する場合も負担が少なく始められると思います。
もう一つ挙げたいFusion360のメリットは、モデリングから3Dプリンター用のデータ形式にこのFusion360だけでできてしまうところです。
他のソフトを介さなくてよいのは本当に良いところで、とても便利です。

Fusion360でのデータ管理の仕方

Fusion360で作成したデータの管理はクラウドで行われます。
そのクラウドではプロジェクトというフォルダのようなものを作成することができ、データの保存先を仕分けできます。
また、Fusion360の保存形式であるf3dファイルはローカルでも保存することができます。
他デバイスのアップロード・エクスポート可能な形式の種類はとても多く、更新されることもあるようなのでアップロード・エクスポートの機会ごとにチェックしておきたいところです。
他デバイスへのアップロード・エクスポートも多岐に渡りできるので、他3DCADソフトと比べるとデータの受け渡しも幅広くできる最高のソフトです。

Fusion360の使い方

それでは改めてFusion360の詳しい使い方を画像と共に解説していきたいと思います。
Fusion360での3Dモデリング方法は下記のようなものがあり、1つ1つご紹介させてください。

パッチで作成サーフェスモデル

作業スペースはモデルのままでもパッチにしてからでも良いのでスケッチツールでスケッチします。
最初はスケッチの使い方に戸惑うかもしれませんが、慣れれば違和感はありません。
Fusion360では作画の際に X,Y,Zのスケッチ面を選びます。
自分はこれから行うモデリングをしやすい面を選びますが、面を任意の角度に回転させて使用する場合などは特に意味がないので好きな面を選べばよいと思います。

今回は、こんな形をスケッチしてみました。
スケッチは3Dの元になる線を描くツールです。
2Dでよく見る単純な形状が、Fusion360の色々なツールを使って3D形状にすると、一体どんな形になるのかで遊んでみたいと思います。
作業スペースをモデルのままで押し出したりスイープしたりもできますが、できあがる形状の想像がつくので違う方法を試してみます。

 

作業スペースをパッチに変更して、作成ツール内のパッチツールを選びます。そしてスケッチを選択したらスケッチした形状のサーフェスができました。

できるだけ行きつく先がわからない方が面白いので、今度はできあがったサーフェスを回転コピーしてみました。
特に意味はなかったのですが、八角形を元にスケッチしたので45°ずつコピーをして8枚にしてみました。

できあがったコピーをロフトでつないでみることにしました。
断面が少し見えるように1か所だけ残してみましたが、たいして面白くない形になってしまいました。

折角作ったので、緑の半透明プラスチックの外観にしてみました。
今回のモデリングは回転コマンドを使えばコピーの手間がいらなかっただろうという結果になってしまいましたが、Fusion360の使い方としては勉強になりました。

スカルプトで作成サーフェスモデル~ソリッドモデル

で作成したモデルがあまり面白くならなかったので、今度は同じスケッチを利用して違うモデリング方法を使ってみました。
今回使うスカルプトは、流線形などのヌルっとした形をモデリングするのに適しているツールの揃った作業スペースです。
モデル作業スペースに格納されており、スカルプトボタンからスカルプト作業スペースに入ることができます。
スカルプトはサーフェスで構成されたモデルになるので今回もサーフェスを作ります。
スカルプトの作成ツールにある面コマンドを使用してみます。
スカルプトの面コマンドはスケッチをそのまま使用することができませんので、スケッチをなぞります。
面を構成する分割数によっても違ってくるとは思いますが、河童の水かきのついたようなサーフェスができました。
それを修正ツールにあるブリッジコマンドでつなげると不思議な形状の外形が出来ました。

思っていたよりは良い形状になったので、厚みを付けてサーフェスからソリッドにした各モデルに色付きガラスの外観を付けてレンダリングをしてみました。

レンダリングとは、外観の素材感や色をモデルにつけることができる機能です。
工業製品のモデル作成などでは形状と素材感のイメージがとても大事なので、非常にリアルに出来上がるレンダリングは欠かせないと思います。
ただ、レンダリングは結構時間がかかってしまい、複雑な形状を高精度で行うほど待ち時間が長くなり、PCの環境によってはフリーズしてしまうこともあるかもしれません。
でも、Fusion360ではレンダリングもクラウドで実行することができ、PC(ローカル)で実行するよりもかなり早くできあがります。
しかし、クラウドのレンダリングは与えられたクレジットという使用配分を超えると不足分は課金となるので、時と場合によって使い分けることをお勧めします。

Fusion360の使い方がイマイチ分からなかったら

どの3DCADソフトでも同じですがそれぞれツールの配置や手順なども違いますし、体で覚えるしかない部分が多々あります。
Fusion360を使用していて、どうしても上手くいかないことがあったりもします。
そんな時は作りたいものに形状が近いものを扱っている動画を視聴したり、ネット記事の情報を閲覧利用して、コマンドの使用方法を調べたりしています。
しかし、くまなく検索しても知りたいことが見つからない場合もあります。
そんな時は、直接先生の操作を見ながら知りたいことを解説してもらえるスリプリセミナーで初心者から上級者までセミナーを行なっています。

こちらのスリプリセミナーの「ベーシックコース」がおすすめ!
ベーシックコースは初心者向けで、3DCADが全く分からなくても1から教えてくれるセミナーになっています。

Fusion360の使い方まとめ

先にも記載いたしましたが、Fusion360は個人のユーザーにもプロのユーザーにも、とてもお得に3Dモデリングを楽しめる3DCADです。3Dモデリングをこれから仕事に生かしたい人、3Dプリンターでオリジナルグッズを作りたい人、ひたすら3DCADで遊びたい人には是非使用してみて頂きたい3DCADソフトです。
是非この記事でFusion360の使い方をマスターしてください。

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG