Solidworksとは?製品紹介から機能や使い方まで徹底解説!

CAD/CAM/CAE 研究所

皆さん、Solidworksという3DCADソフトをご存じですか?
Solidworksは操作難易度がやさしめでお手頃な販売価格をモットーにした、世界でも有数のシェア率を誇るCADソフトなんです。
今回はそんなSolidworksについて、製品紹介から機能や使い方までご紹介します。

Solidworksとは?

Solidworksとは、フランスのDassault Systemes(ダッソー・システムズ)から発売されている機械設計用の3DCADソフトウェアです。
もともとの親会社はフランスの戦闘機を開発していた会社として有名で、Solidworksのシェア率は世界でもトップクラスといえます。
Solidworksが使われている業界は主に機械製造業ですが、産業設備や医療機器、建築やプラントなど、幅広い分野で活用されています。
Solidworksが選ばれている理由として、

  • 高い利便性
  • 3DCADの中では高い操作性
  • 低価格

といった点が挙げられます。
特に3DCADソフトの中では操作がしやすいことが、多くの人や企業に設計ツールとして使われている理由であると考えられます。
そこで、次はSolidworksで具体的にどんな使い方や機能があるのかご紹介していきます。

Solidworksの使い方・機能

Solidworksは板金や溶接、各種のアニメーション機能など多くの機能を有することで、製品の設計をしやすくしています。
そこでSolidworksの使い方や機能を簡単にご紹介します。
SolidWorksでは、2D図面をもとに「フィーチャー」と呼ばれる機能を使って3D図面を作成していきます。
フィーチャーには押し出し、回転、切り欠きなど様々な種類があり、それらのフィーチャー機能を使って2D図面に3D要素を追加していく形になります。
では実際にフィーチャー機能を使った3D作図の方法を見ていきましょう。

図形の作成

今回はスケッチコマンドを使って円を作成してみます。
SolidWorksではスケッチを作成する場合、どこにスケッチを作成するか指定する必要があります。
そこで、まずは画面左にあるツリーから平面を指定することで、スケッチを平面に作成するよう指定します。

次にメニュー下部にあるスケッチから円を選択します。
あとは円の中心をクリックして、適当な円の大きさを描きます。
この時に画面左にあるプロパティで円の大きさを指定することができます。

フィーチャーを使って3Dソリッドを作成

次はフィーチャーのそれぞれの機能をご紹介します。

フィーチャー:押し出し

画面左のツリーからスケッチを選択、フィーチャーをクリックします。
先述した通り、フィーチャーには様々な種類が選べますので、その中から押し出しを選択します。


押し出しを選択して矢印を上下にクリックすることで押し出された3Dソリッドモデルがプレビューされます。
適当な大きさまで押し出したら、確定します。
この時に高さの指定が出来るので数値を入力することで
任意の大きさの3Dソリッドモデルができあがります。

フィーチャー:押し出しカット

次に押し出し以外のフィーチャー機能として、押し出しカットという機能を紹介します。
先程は2D図面であるスケッチを押し出すことで立体化しましたが、押し出しカットでは3Dモデルをさらに押し出して切欠くことができます。
今回は3Dソリッドモデルに丸く穴を開けてみましょう。
まずは3Dモデルを用意します。
穴を開けたい面をクリックし、スケッチを開始します。

長方形の中心に円をスケッチします。
押し出しカットを選択し、画面左にあるツリーの方向を選択します。
全貫通や頂点指定などが選べますが、今回は全貫通を選択してみます。
これで3Dモデルに円の穴を開け、貫通させることができました。


今回は押し出しカット機能を使用しましたが、穴ウィザードという機能を使えば、ネジ穴など穴の形状を指定して作図することもできます。

フィレット・面取り

フィレットも面取りも図形の角をとる機能です。
2つの機能の違いとしては、

  • フィレットは角をなめらかにとる
  • 面取りは角を直線的にとる

という違いです。
実際に作成した3Dモデルを例に見てみましょう。

画像右上はフィレットを使って角をとった状態です。
なめらかに角がとれていますよね。
逆に画像左上は面取りを使って角をとった状態です。
スパッと鋭角に角がとれているのがおわかりいただけるかと思います。
作成したいものに合わせて角のとり方を選択しましょう。

パラメトリック変形

モデルの形状をパラメトリックに変更したい場合、数値の入力で任意の形状に直接パラメトリックすることもできます。
しかし、数値の入力以外にマウスで動かしながら直観的な操作でパラメーターを動かし、3Dソリッドモデルの形状変更をすることもできます。
正確な数値がわからず、だいたいの形状を試しに作図してみたい場合には直観的でわかりやすく、便利な機能です。

Solidworksはこんな用途に使えます

Solidworksには2Dや3D図面の設計、作図から、データ管理まで様々な機能を持ちます。
このソフト1本で業務のほとんどをこなせるといっても過言ではないくらい多機能で高機能なソフトなのです。
そこでいろいろある機能の中から、おすすめの用途やSolidworksでできることをまとめてみました。

様々な分野の設計

設計が必要な分野は建築や機械工学、車や造船など、幅広く存在しています。
Solidworksでは板金、溶接、サーフェス、金型設計、および配線・配管システムなど、それぞれの分野に特化したツールが用意されているので、各分野で専門的な設計が可能です。
他の3DCADソフトと比べても幅広いジャンルをカバーできるソフトだと言えます。

3Dモデルとリンクした2D図面の作成

Solidworksでは3Dモデルを作成すると、自動的に100%の制度で2D図面も一緒に作成されます。
この機能により、3Dモデルを見ながら直感的な設計が可能で、その設計をそのまま2D図面に反映させることができるというメリットにつながります。
また、3Dモデルの変更を行うと、2D図面上でもその寸法や注記、部品表などが同時に変更されます。
これにより図面の相違が発生しませんので、製造時に混乱が生じるというリスクを防ぐことができます。

曲面の多い3Dモデルの作成

3DCADの表現には、サーフェスと呼ばれる、意匠表現を表す表示方法があります。
サーフェスを使うと複雑な自由曲面を作図しやすくなるのですが、Solidworksはこのサーフェスの機能がとても優れています。
ですので、車のボディのような局曲面の多い3Dモデルを作図したい場合に、Solidworksは非常に適しているソフトです。

データの管理

業務の中で図面を作成していくと、膨大な数のデータが出来上がります。それぞれのデータは作成者が見れば何の図面か判断できるかもしれませんが、作成していない人にとっては何が何の図面かわからない場合もあります。
製造業などでは図面を開いても一目ではわからないというようなことも多々あります。
そんな日々の業務で増えていくデータを、Solidworksでは一元的に管理することができます。
詳細情報や属性情報などをプロパティとしてまとめることで、わかりやすくデータ管理をすることができ、効率的にデータを扱うことができます。

まとめ

ここまでSolidworksの製品紹介から使い方、用途までをご紹介してきました。
Solidworksはとても高機能で便利な3DCADソフトであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
他の記事では他のCADソフトとの比較や、Solidworksのもう少し詳しい操作方法などもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG