三菱重工工作機械、独自の差別化技術・製品を国際見本市「EMO 2019」で初披露へ!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日は、三菱重工工作機械株式会社による、欧州市場の販売活動強化に関するtopicsです。

 

 

三菱重工グループの三菱重工工作機械株式会社は、加工が難しい内歯車の高速・高精度研削加工やデポジション方式を採用した金属3Dプリンターなど、独自の工作機械関連技術・製品を中核として、欧州市場から世界市場にかけて販売活動を強化します。
その一環として、ドイツのハノーバーで9月16日から21日まで開催される「欧州国際工作機械見本市(EMO:エモ)2019」(EMO Hannover 2019)で初披露予定です。10万人を超える来場・関係者に向けて、実機や映像の紹介を通じて潜在的な活用方法も含めた独自性の高さをアピールし、ユーザー開拓を狙います。

EV(電気自動車)用ギアードモーター等の普及に伴う多彩な高精度内歯加工需要の増大や、造形速度の高まり、ならびに使用可能な素材の広がりなどの面で実用化が進展すると製造革命につながるといわれる金属3Dプリンター市場の拡大を背景に、変化する製造ニーズに呼応したソリューションを提案しています。

「EMO 2019」における展示品

■内歯車研削盤「ZI20A」

自動車の量産に耐え得る生産性と高精度を両立できる工法として、トランスミッション用ギアの加工に採用されています。さらには、スカイビング加工にも技術を応用し、スーパースカイビングシステムを実用化しました。

■「MSS300」

独自開発した「スーパースカイビングカッター」を用いることにより、圧倒的な工具寿命と高い生産性および加工精度を実現し、従来のスカイビング加工が抱えていた技術的課題を解消しました。

■切削工具、および金属3Dプリンター「LAMDA」

ノズルからパウダーを連続的に噴射し、レーザーを照射して溶融・凝固させるデポジション方式により、金属粉末を敷き詰めて造形する方式(パウダーべッド方式)に比べ約10倍造形速度が速く、必要量の金属粉末を吹き付けながら造形するため、パウダーベッド方式では実用化が難しい大型造形もできます。
EMOでは、AM(Additive Manufacturing:付加製造法)の実用化進展への寄与を念頭に開発されたMVP版のLAMDAの紹介をおこないます。
期間中の9月19日には展示会における金属3Dプリンターのセミナーに登壇し、大掛かりなチャンバーなしでも造形中の金属酸化を防止するローカルシールド機能、および溶融状態をリアルタイムで監視して造形条件の最適化がはかれるモニタリングフィードバック機能、さらにAIを利用した造形状態を監視する技術を披露します。
これらは、いずれも世界初の新技術です。

内歯車加工システムにおける先端的な技術や幅広い製品ラインアップ、ソリューション技術の提案で世界展開を加速していく、三菱重工工作機械社の技術と製品に注目です!

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG