3DCADの資格取得方法!使える仕事や資格階級まで徹底解説

キャド研

CADとは

CADは、機械メーカー、製造メーカー、建築技術者の設計や製図などの作業を行えるソフトウェアです。
CADソフトには平面的に設計を行う2DCADと、3次元で立体的に設計を行う3DCADがあります。
従来では2DCADを用いて機械設計や建築設計が行われてきましたが、より詳細なシミュレーションを行いやすい3DCADが機械設計や建築設計などの現場でだんだんと普及しつつあります。

2次元的に設計を行う【2DCAD】

2DCADはドラフターで手書き製図のように設計できる

2DCADはドラフターでしていた手書きの製図と同じ要領で、パソコンを用いて設計製図できるソフトです。
2次元的に作図を行い、1つの図面には1つの方向から見た情報しか書き込むことができません。
そのため、まずは平面図を作ってから断面図を作成し、それらの図面を参考に各方向からの立面図を作成していきます。
各平面ごとの作図なので初心者でも製図しやすく、ドラフターを使っていた方にはそのままの要領でCADソフトに移行しやすいというメリットがあります。
その反面、各図面が自動的に対応することがないため、1つの図面に修正が入れば他の図面の修正も必要になってミスが起きやすいデメリットがあります。
従来はこの2DCADで図面を設計していましたが、現在は3DCAD化が進んでいます。

3次元的に立体で設計する【3DCAD】

3DCADのイメージ

2DCADに対して、3DCADは3次元で立体的にモデリングができるため、実際のイメージを視覚的にわかりやすく表示した状態で設計ができます。
CADの専門的な知識がなく設計図面の見方がわからないような人でも、立体的なイメージで簡単に形状を把握することができますので、打ち合わせなどでもコミュニケーションが取りやすくなります。
3DCADは目で見た情報としてわかりやすい図面データを作れる反面、2DCADと比べて操作が複雑で難しくなりやすいデメリットがあります。
3DCADは機械設計や建築設計などの分野で普及が進んでいるので、3DCADの知識を持った技術者やCADオペレータの需要は高まっています。

3DCADの資格一覧

3DCADの資格として、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)の行う「3次元CAD利用技術者試験」があります。
3次元CAD利用技術者試験の種類は3つの段階に分けられています。

  • 1級
  • 準1級
  • 2級

それぞれの段階によって難易度や試験内容が異なり、機械や建築、土木やアパレルなど、幅広い専門業種で技術者として活躍できる専門技術の証明になります。

それぞれの資格の取得方法

3DCADの資格の取得方法
3次元CAD利用技術者試験は、1級、準1級、2級の3段階に分かれています。
それぞれの資格の取得方法について詳しくご紹介していきます。

3DCADの資格取得方法

一般社団法人コンピュータ教育振興協会の「3次元CAD利用技術者試験」は、前期と後期の、年2回行われています。
2級の受験資格の制限はないので誰でも受験が可能ですが、1級と準1級は2級に合格していないと受験資格が得られませんので注意が必要です。
また、1級と準1級は併願が可能ですので、2級合格者であれば1級か準1級のどちらかにも申し込むことが可能です。
ただし、1級・準1級が合格ラインでも2級の試験が不合格の場合はどちらも不合格になってしまいます。

「3次元CAD利用技術者試験」の試験内容

3DCADソフトを利用して、主に機械系や製造系の分野で設計・製図を行う仕事を目指す方が受験されます。

  • 2級

3DCADシステムに従事する方で準1級や1級にステップアップするために受験したり、関連製品の営業や管理をされている方の受験もあります。
試験方式はマークシート方式と真偽方式で60問が出題されます。
試験分野は4項目に分かれています。

  • 「3次元CADの概念」
  • 「3次元CADの機能と実用的モデリング手法」
  • 「3次元CADデータの管理と周辺知識」
  • 「3次元CADデータの活用」

以上の4項目に分かれており、3DCADの基礎的な知識を押さえておく必要があります。

  • 準1級

3DCADシステムに従事する方で基礎的な部分を習得済みで、設計の補助やオペレーターを目指す方が対象になっています。
試験方式は3次元CADソフトを使用したモデリング(パーツのみ)試験や、作成したモデルの体積・表面積などを測定し、解答群の中からもっとも近い値を選択してマークシートに記入する試験の2つに分かれています。
試験内容として、CADリテラシー、形状認識能力・2次元図面からのパーツモデリング能力の2項目からなります。
CADリテラシーでは、実際に行う手順を基にしてコマンド機能などの3DCADの基本操作によってモデリングを行います。
2次元図面からのパーツモデリング能力では、実務の基本的な能力を総合的に判断します。

  • 1級

こちらは3DCADシステムに従事している方で操作ができるだけではなく、設計者やオペレーターの管理を行う方が対象になります。
試験方式としては、3次元CADソフトを使用したモデリング(パーツおよびアセンブリ)試験と、作成したモデルの体積・表面積などを測定し、解答群の中からもっとも近い値を選択してマークシートに記入する試験の2種類です。
パーツだけではなく、完成品までイメージして使いこなす必要があります。
試験分野は3つの分野に分かれています。

  • CADリテラシー
  • 形状認識能力・アセンブリモデリング能力
  • 2次元図面からのパーツモデリング能力

以上のの3分野に分かれており、完成品の組み立てやオペレーターの管理能力を測る項目もあります。

3DCADの資格を利用できる仕事一覧

資格を利用できる仕事

3DCADの資格は幅広い仕事の分野で活用できます。

  • 機械メーカー
  • 自動車メーカー
  • 製造メーカー
  • 建築設計者
  • 施工管理技士
  • アパレルメーカー

上に挙げたような仕事で役立つ資格です。
現在、3DCADの普及が進み、より複雑な製品の開発が行われていますので3DCADの技術者を求めている業種は多岐に渡ります。
2級の知識では3DCADの営業や管理のような業務や、各メーカーの設計者の設計補助のような仕事に活かせます。
これから準1級や1級の試験を経てステップアップしていくことが期待されます。
準1級は各製造メーカーや建築事務所での設計補助やオペレーターになることができます。
経験や知識をつけることで設計者やオペレーターの管理業務にステップアップができます。
最上級となる1級の資格は、各製造メーカーや建築事務所での設計者や設計補助、オペレーターの管理を行うことができます。
一番難しい階級になるので、1級以下の職種も全て視野に入れられる資格です。

3DCADの資格を取得するメリット

3DCADオペレーターとして活躍したいのであれば、是非資格を取得しておくのをおすすめします。
そこで、ここまでは3DCADの資格取得の方法についてお話ししてきましたが、ここからは実際3DCADの資格を取得するとどのようなメリットがあるのかお伝えします。

2Dで提案していた商品設計を3Dで分かりやすく提案することができる

平面図や立面図、断面図といった2D図面は、平面的な図面をいくつか組み合わせることで立体的なイメージを想像するしかありませんので、業界の専門的な知識のないクライアントへのプレゼンテーション用としては向いていません。
しかし、3DCADを使って3Dモデリングを作成することで、実際の完成予想が立体的に表示できるので、初心者や業界の専門の人ではない人にもわかりやすく提案ができます。

資格を所持していることで取引先にも受け入れられやすい

CADの資格は、利用者のCADスキルを表す指標になります。
ですので、レベルの高いCAD資格を取得することで、自分のCADスキルの高さを指標として表すことができ、取引先からの信頼を得やすいメリットがあります。
そのためにはより上級のCAD資格が必要になりますので、CADセミナーなどで勉強してより高度なCADスキルを身につけることをおすすめします。

新規顧客を取りやすい

CADの資格を持っていると取引先に受け入れやすいのと同様に、新規の顧客を取りやすいメリットもあります。
CADの資格は、自分のCADスキルを証明するものになりますので、新規のお客さんも安心して仕事を任せてくれるようになります。
新規の顧客を集めたい人は、集客の一環としてCADの資格を取ることも有効です。

就活や転職に利用可能

CADの資格は、設計者やCADオペレーターの就職活動や転職活動に使うことができます。
企業は即戦力を求めていることが多いので、CADの資格をアピールすることでスキルを活かして実戦力として働けることを示すことができます。
これから就職や転職をしたい人は、CADを勉強してCADの資格を取得しておくことをおすすめします。

3DCADの資格まとめ

3DCADは製造メーカーや機械メーカー、建築設計事務所などで多くの需要があり、3DCADの資格は就職や転職を行う上で有利に使うことができます。
3DCAD資格の試験の合格率は2級と準1級が4割から5割ほど、1級が3割ほどで推移しています。
知識をつけるために2級の勉強から始めて、オペレーターの管理まで行える1級まで資格を取ることであなた自身のステップアップにも繋がります。

関連記事

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

3DCADの資格取得方法!使える仕事や資格階級まで徹底解説
最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG