3Dプリンターによる製造プロセスの革新支援サービスが本格開始へ!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、株式会社Booleanによる3Dプリンターの製造プロセスへの活用を支援するサービスをご紹介します。

株式会社Booleanは、日本の製造業におけるDfAM(Design for Additive Manufacturing)の導入を促進するべく、3Dプリンターの製造プロセスへの活用を支援するサービスを2019年9月1日より本格開始すると発表しました。
まず、切削加工を行う企業の治具の造形を3Dプリンターを用いて行うことで製造プロセス全体を効率化するサービスを強化提供していく方針です。

サービス内容

■開発の背景

近年の、3Dプリンターの技術進展と価格低下により、高い強度・高い精度・早い造形スピードでものづくりが実現出来るようになりましたが、工作機械として急激に普及している欧州に比べ、日本の企業にとって3Dプリンターを使いこなすためには、プリンターの選定及びセットアップ、3DCADソフト、スライサー(専用ソフトウェア)の活用等のハードルがあるのも事実です。
Boolean社は、このハードルを乗り越えるべく、製造業の企業での3Dプリンター活用を定着させるための支援サービスを提供開始します。

■サービス内容

まずは、金属や樹脂の切削加工を行う企業に向け、治具の調達を3Dプリンターで行うプロセス構築を目指します。
切削加工を行う企業において、治具の調達におけるリードタイムや設備の専有時間の存在、外注する場合のコストは大きな課題です。
これを3Dプリンターで代替することにより、社内で素早く、安価に、精度の高い治具調達が可能になるとのことです。


3Dプリンターで造形する治具

 

 

3D printingやDfAMを全てのものづくりを結ぶコネクターとして捉え、製造、デザイン、伝統工芸などを組み合わせ、新しいものづくりを実現するBoolean社の新しい“製造プロセス支援サービス”に注目です!

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG