デジタルファブリケーションによる家具づくりサービス「EMARF」、正式運用を開始へ!

CAD/CAM/CAE 研究所

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、家具づくりをすべての人に解放するサービス「EMARF」をご紹介します。

2019年4月11日より、家具づくりをすべての人に解放するサービス「EMARF」の正式運用が開始されました。

EMARFを提供するVUILD株式会社は、デジタルファブリケーション技術を地域に導入することで、「活き生きとした暮らし」の実現を目指されています。

デジタルファブリケーションとは、デジタルデータをもとに創造物を制作する技術のことです。3Dスキャナーや3D CADなどの測定機械により、自分のアイデアや個人の身体データ等をデジタルデータ化した上で、そのようなデジタルデータを3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機械で読み込んで造形します。

EMARFは、ユーザーがオンライン上で好きな家具のテンプレートを選び、理想のサイズに調整することで、オリジナル家具を出力することが出来ます。
ユーザーが工房へ出向き、自らが設計した家具を工房オーナーのサポートのもと自らの手で完成させることも可能です。
ユーザーが注文した家具のデータは、ShopBotを保有する工房に即時に送られます。
ShopBotは、小規模の工房や個人のメイカーに向けて作られている米国産のCNCミリングマシンです。
工房は、ShopBotの操作のみで、簡単に素早くオーダーメイドの家具のパーツが出力できるため、オーダーメイドでもコストを抑えて製造することができます。

EMARF

 

EMARFが実現すること

1.世界中のカスタマイズ可能なデザインテンプレートから選べる

EMARFの特徴は、ユーザーが自由に設計でき、デザインテンプレートは、VUILD以外の世界中のデザインから好きな家具を選択できるようになります。
デザインテンプレートの登録時には、VUILDが強度や製造方法等を監修し、サイズを変更した設計でも品質を担保して提供します。ユーザーは安心して自分の部屋や身体のサイズに合った、好きなデザインの家具を選択できます。

2.ユーザーが編集した家具パーツの加工データを即時生成する独自開発技術

VUILDが独自開発してきたCAD/CAMにより、ユーザーの設計した家具をすぐに具現化することを可能にしました。
これにより、「オーダーメイド=高価格」だったイメージを覆し、思い通りの家具をより安く手に入れられるようになりました。
今後はAPIの公開による他サービスとの連携や、ユーザーやデザイナーの手描きスケッチから3次元データを自動生成する等の次世代CAD開発を計画しています。


3.良質な国産材を供給できる地方の生産拠点を拡充

EMARFではユーザーが全国にある工房の中から製作する拠点を選択することができ、流通にのせると高価となる良質な無垢材を安価に手にすることができます。
工房は、EMARFを使って簡単に家具に加工することで地元の良質な木材の付加価値を高め、地域経済の活性化や雇用創出、地方創生にも貢献することができます。

 

これまでは、家具は多くの人にとって「つくる」ものではなく「買う」ものでしたが、EMARFを通して全ての人に「家具づくり」が開放されます。
デジタルファブリケーション技術を活用した、新しい家具づくりサービス「EMARF」の広がりに今後注目です!

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG