Formlabsがさらに進化した次世代の光造形3Dプリンター「Form3/3L」を発表

CAD/CAM/CAE 研究所

3DプリンターメーカーのFormlabsが4月2日、同社の製品ラインアップに新たに「Form 3」と「Form 3L」の2機種を追加すると発表しました。

Formlabsといえば、デスクトップ型の光造形(SLA)方式3Dプリンターのパイオニアとして有名です。
2015年に発売された「Form2」は、業務用機器に匹敵する最高品質の造形を実現した高機能プリンターとして、さまざまな分野で高い評価を得ている人気製品です。

Form2の登場から4年、今回新たに発表された次世代機「Form3/3L」は一体どんな3Dプリンターなのでしょうか?

Form3/3L

最新技術LFSプロセスを搭載

「Form3/3L」では、新たにLFS(Low Force Stereolithography)と呼ばれる手法が採用されます。

LFSは、Form2で採用している同じ光造形(SLA:Stereolithography Apparatus)方式でありながら、再設計したレーザーとミラーのカスタム設計システムを用いることで、均一かつ、密度が高い硬化を可能にするそうです。
従来の方式に比べ、表面仕上げやディティールが更に向上するとあって、期待大です!

最新技術LFSプロセスを搭載

さらにレジンタンクも進化したものを採用。
これまでよりレーザーの剥離力を低減し、プリントの表面品質が改善されることに加え、サポートが取り外しやすくなるそうです。

ビルド・プラットフォームやレジンカートリッジはForm2で使用しているものと互換性があって、そのまま使えるみたいですね。(※Form3 Lは専用のビルド・プラットフォームを搭載)
オプション品である、造形物専用洗浄機「FormWash」、UV硬化機「FormCure」に関しても、同様に使うことができるようです。

すべて買替えると大変な値段になってしまうので、こういった互換性のある対応がされているのは嬉しいですね!

Form 3の最大造形サイズは145×145×185mmで、今までのForm2と同じサイズになります。

最新技術LFSプロセスを搭載-2

従来の5倍サイズ! 待望の大型造形に対応する「Form 3L」

今回、Form3と同時に発表され、注目を浴びているのが「Form3 L」です。

製品名のとおり大型造形に対応した機種で、従来のFormlabs製品と比べると見た目からインパクトを受けます……!

Form3 L

最大造形サイズは、200mm×335mm×300mm。Form3の5倍ほどの造形サイズを実現します。
また、レーザー光源を2つ備えているため、大型の造形物であっても高速なプリントが可能なんだそうです。

Form3Lも、レジンカートリッジやオプション品については従来品との互換性があり、継続して使うことができるようです。
ビルド・プラットフォームは、大型のため、専用のものが搭載されます。

Formlabsが誇る高精度の造形が大型でも可能になるということで、かなりの需要が見込まれそうですね!

発売日はいつ? 価格は?

気になる販売価格は、Form 3が3499米ドル、Form 3Lが9999米ドル。日本での販売価格は、まだ未定となっています。

両製品の日本での発売は、2019年後半を予定しています。

もうしばらくはForm2にお世話になりそうですね……!(笑)

特徴のまとめ

  1. 完璧なプリントを実現:モジュール式コンポーネントの Light Processing Unit(LPU)が、正確で高密度のレーザーを実現。プリント精度がより正確で再現性のあるものに。
  2. サポートが更に除去しやすい:サポートのタッチポイントをより小さくすることで、簡単に除去できて、パーツ表面のなめらかさを保ちます。
  3. 造形安定性の向上:20 以上のセンサーを搭載し、造形を常時監視。安定したプリントパフォーマンスを維持します。
  4. 稼働時間が向上:アップグレード可能なモジュール式コンポーネントと失敗しにくい設計により、稼働時間の向上を実現。
  5. リモートプリント:オンライン Dashboard を通じてどこからでも 3D プリントが可能。

詳しくは、公開中のデモムービーをご覧ください!

新素材のドラフトレジン(Draft Resin)も登場

Formlabsは「Form 3/3L」の発表に併せて、ラピッドプロトタイピングに最適な新素材「Draft Resin」のリリースを発表しました。

このドラフトレジン(Draft Resin)は、300ミクロンの層で積層するように設計されており、標準的な樹脂よりも3倍から4倍のスピードでプリントが可能になるそうです。

新素材-ドラフトレジン

従来機であるForm2でも使用できる素材とあって、これから高速での造形に重宝すること間違いなしですね!

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG