CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

AutoCADの機能紹介!AutoCADとAutoCAD LTの違いを徹底比較

CAD/CAM/CAE 研究所

公開日:2019.03.31 最終更新日 : 2019.04.17

従来は手作業で行われてきた製図をコンピューターで支援するCAD(Computer Aided Design)ソフトウェア。

設計作業を効率化できるため、建築・土木・機械など様々な分野で導入されています。
そんなCADソフトウェアの中でも根強い人気を誇るのが、アメリカのAUTODESK(オートデスク)社が販売する「AutoCAD(オートキャド)」です。初心者でも扱いやすいことから「CADの登竜門」とも呼ばれ、世界中で広く使用されています。

AUTODESK社からは、「AutoCAD LT」も販売されており、こちらも広く使用されています。
AutoCADとAutoCAD LTにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、AutoCADとAutoCAD LTについて、用途や機能・料金など、様々な観点から比較して違いを分析していきたいと思います。

Autocad

AutoCADとAutoCAD LTの基本データ

AutoCADとAutoCAD LTの使用用途や機能など、基本データを比較していきます。
どちらもサブスクリプション形式で販売されており、無料版を30日間試用することも可能です。
1か月、1年、2年、3年単位で契約することができ、3年契約の場合には1年契約と比べて10%お得になります。

AutoCAD AutoCAD LT
用途 ・2D作図、図面、ドキュメントの作成
・3Dモデリングおよびビジュアライゼーション
・2D作図、図面、ドキュメントの作成
機能 ・2Dジオメトリーの作成・編集
・ソリッド、サーフェス、メッシュオブジェクトを使用した3Dモデルの作成・編集
・テキスト、寸法値、引出線、表を使用して図面に注釈をつける
・リボンやツールパレットのカスタマイズ
・アドオンアプリケーションやAPIを使用したカスタマイズ
・オブジェクトデータをテーブルに抽出
・PDFファイルからデータをアタッチして読み込み
・DGNファイル、Navisworks、Bingマップのデータを共有して使用可
・CAD標準仕様を適用
・建築、機械設計、電気設計など専門分野に特化したツールセットを利用可
・2Dジオメトリーの作成・編集
・テキスト、寸法値、引出線、表を使用して図面に注釈をつける
・リボンやツールパレットのカスタマイズ
・PDFファイルからデータをアタッチして読み込み
・DGNファイル、Navisworks、Bingマップのデータを共有して使用可
ライセンス ・シングルユーザー
・マルチユーザー(ネットワーク)
・シングルユーザー
付属サービス ・Autodesk App Store(英語)
・AutoCAD Web アプリ(英語)
・AutoCAD モバイルアプリ
・AutoCAD Web アプリ(英語)
・AutoCAD モバイルアプリ
価格 ¥24,840/月(税込)
¥199,800/年(税込)
¥379,620/2年(税込)
¥539,460/3年(税込)
¥7,560/月(税込)
¥62,640/年(税込)
¥119,016/2年(税込)
¥169,128/3年(税込)

AutoCADは3Dモデルにも対応

AutoCADの大きな特徴は、3Dモデルに対応しているということです。
ソリッド、サーフェス、メッシュオブジェクトで3Dモデルを作成・編集することが出来ます。
CGイメージの作成や3Dプリンターへの出力も可能です。

3Dモデルを作成すれば、体積や表面積、質量、重心などの情報が得られるため、2Dの図面から計算するよりも正確な情報を得ることが出来ます。
また、製品の材料費の算出が容易になったり、図面を修正しやすくなったりするなど、設計の効率化につながります。

AutoCADは3Dモデルに対応することで、AutoCAD LTよりも多数の機能を搭載しています。
さらに、カスタマイズ性やアドオンソフトが充実しているという点もAutoCAD LTとの違いといえます。

AutoCAD AutoCAD LT
3Dモデリング ×
ベースビュー、投影図、断面図、詳細図 ×
機能拡張ツール ×
3Dモデルの読み込み ×
3D Print Studio ×
アプリケーションプログラミングインタフェース ×
ネットワークライセンス ×

AutoCAD LTはローコストで2Dモデルを作成できる

AutoCAD LTとAutoCADとの大きな違いは、「3Dモデルに対応しているかどうか」です。
AutoCAD LTは3Dモデルに対応しておらず、2Dの図面しか作成することができない「2DCAD」になります。
しかし、AutoCADが199,800円(税込)なのに対し、AutoCAD LTは62,640円(税込)と価格はかなりリーズナブルになっています。

月額使用料形式の場合には、さらに安価で試してみることができるため、CADソフトを扱ったことが無いという現場でも導入しやすいのがメリットです。

AutoCAD LTはAutoCADに比べて機能面は劣りますが、その分データ容量も小さくなっています。
そのため、「図面を開くのに時間がかかってしまう」「メールなどでのデータ送信に時間がかかる」といったような問題が発生せず、快適に使用することが可能です。

必要な機能に応じて使い分けよう

データ容量は大きくなってしまうものの、3Dモデルに対応することにより設計の効率化が可能な「AutoCAD」に対し、「AutoCAD LT」は2Dモデルのみであるもののリーズナブルな価格で設計が行えるということが分かりました。

二つともAUTODESK社が開発したソフトウェアであるものの、その機能や価格、使用場面は大きく異なります。
3D機能を駆使し、図面の制作を徹底的に効率化していきたいという場合には、AutoCADを選ぶことになります。
一方で、「まずはCADソフトウェアがどういうものなのかを試してみたい」というような場合には、機能面でも価格面でもAutoCAD LTが最適です。

導入する際には、実際に現場で必要としている機能はどのようなものなのかを考慮したうえで、どちらがふさわしいかを検討してみてください。

また、AutoCADの使い方を学びたいという方はAutoCAD基礎セミナーがおすすめです!

The following two tabs change content below.
CAD/CAM/CAE 研究所

CAD/CAM/CAE 研究所

CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新しているポータルサイト「CAD/CAM/CAE 研究所」の管理人がお届けするピックアップブログです!ものづくりに関するニュースや技術情報をご紹介します!
タグ: 

月間人気記事ランキング

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン