オートデスク社イベントOTC in LasVegas参加レポートその2

CAD/CAM/CAE 研究所

こんにちは、三谷です。

今日は、オートデスク社が毎年行っているイベント、ONE TEAM CONFERENCE、略して「OTC」へ参加させていただいたレポートです。

今回は、建築系と製造系でそれぞれ行われた、業界別の基調講演をご紹介します。

OTC

まずは製造業向けの基調講演です。

製造業向けの製品はいくつかありますが、今一番おすすめがProduct Design & Manufacturing Collection、通称PDMCというパッケージ製品です。

様々な機能が包括されているため、次世代のものづくりに欠かせない、様々な最新の技術を融合的に使用することができるものになっています。

OTC-PDC製品

PDMCの中核をなす3DCADのInventorは、大規模アセンブリへの対応や、公差を考慮した設計から、製造までのシームレスな連携もできるようになり、これからのものづくりに貢献するソフトウェアになってきています。

会場で映されていた情報は新しすぎるものだったので、モザイクでご勘弁を。

OTC-PDC製品

また、次世代のものづくりではFusion 360に搭載されたジェネレーティブデザインが主な話題になっていました。

テーマになって使われていたのが、我らが日本代表の電動車椅子、WHILLです!

ご存じない方はこちら
https://www.autodesk.co.jp/redshift/personal-mobility-whill/

OTC-WHILL

わずか2週間で設計から製造まで行われたこのジェネレーティブデザインのフレームにより、1キロ以上重量が軽くなっています。

OTC-WHILL

すごい人数が見ています。

OTC-参加者

大規模アセンブリや機械設計に強いInventorと、最先端ジェネレーティブデザインを搭載したFusion 360、これからも必要なAutoCADなどが統合されたPDMCでものづくりの未来が大きく躍進するかもしれませんね!

OTC

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG