CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  産業系のIoT(IIoT)プラットフォーム「ThingWorx」の無料体験版ダウンロードのご案内

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

産業系のIoT(IIoT)プラットフォーム「ThingWorx」の無料体験版ダウンロードのご案内

ティーチャー三谷

公開日:2019.02.15 最終更新日 : 2019.04.18


以前の記事「産業系のIoT(IIoT)プラットフォーム、ThingWorxとは」でご紹介したThingWorxの無料体験版ダウンロードの方法をご紹介します!

無料体験版ダウンロードのご案内

ThingWorxの無料体験版では、以下の機能が120日間試用できます。
ThingWorxの基本機能を体験したい方は、ベースであるFoundationのみで問題ありません。

120日間の無料アクセス

  • ThingWorx Foundation:ThingWorxのベースアプリケーション
  • ThingWorx Controls Advisorアプリケーション:KEPServerEXに接続、リモートでマシンの接続をリアルタイムで監視、分析、トラブルシューティング
  • ThingWorx Asset Advisorアプリケーション:操作状態に関する情報、および問題解決をリモートで監視および実行するために必要なサービス機能
  • ThingWorx Manufacturing Accelerators
    • 最初の120日後、以下の無料アクセスは制限されます

      • ThingWorx Controls Advisorアプリケーション
      • ThingWorx Asset Advisorアプリケーション

      ダウンロード手順

      ① PTCアカウントの登録をします。
      https://developer.thingworx.com/ja/signup
      ※既に登録済みの場合はスキップしてください。

      PTCアカウントの登録

      ② 以下のURLの「のダウンロード Windows」を選択します。
      https://developer.thingworx.com/ja/resources/downloads/manufacturing-trial-edition

      ログイン画面が出た場合はPTCアカウントを入力してログインします。

      ログイン状態で「のダウンロード Windows」ボタンをクリックすると、「ThingWorx-Manufacturing-Apps-8.3.0-05.exe」がダウンロードできます。

      「のダウンロード Windows」を選択

      ※体験版のダウンロードがうまく進まない場合は、以下の3点をお試し下さい。

      • 別のブラウザでダウンロードを実行
      • ブラウザのスーパーリロードを実行(ブラウザごとに異なりますが、通常 「Ctrl+F5」で行えます)
      • 入力項目をブラウザの自動入力を使わず、手動入力で行う

      インストール手順

      ① ダウンロードした「ThingWorx-Manufacturing-Apps-8.3.0-05.exe」を実行します。

      ② インストーラーの言語を選択し、<OK>で確定します。

      OKで確定

      ③ <次へ>を選択します。

      次へを選択

      ④ ライセンス契約の条項を読み、<ライセンス契約に同意する>を選択し、
      <次へ>を選択します。

      ライセンス契約に同意する

      ⑤ 名前、電子メール、会社名を入力し、同意のチェックを入れて<次へ>を選択します。

      同意のチェックを入れて次へを選択

      ⑥ インストールするフォルダを選択し、<次へ>を選択します。

      インストールするフォルダを選択し次へを選択

      ⑦ PostgreSQLサーバーのパスワードと、データベースへの書き込みアクセス許可のためのユーザーパスワードを設定します。

      ユーザーパスワードを設定

      POINT

      PostgreSQLとは
      PostgreSQLとは、オープンソースの「リレーショナルデータベース管理システム」です。フリーで使用できるため、追加で金額を支払う必要はありません。

      ⑧ ThingWorxにログインするためのパスワードを設定します。ThingWorxを使う際のメインのユーザー名・パスワードがこの設定です。<次へ>を選択します。

      ログインパスワードを設定

      ⑨ <次へ>を選択してインストールを行います。

      次へを選択してインストール開始

      ⑩ 表示しているリンクをクリックすると、ThingWorxのログイン画面が表示されます。
      <終了>を選択します。

      終了を選択

      ThingWorxはWebブラウザで動作します。
      ユーザー名に「Administrator」、パスワードを入力し、<Submit>を選択します。
      ※パスワードは最後に設定したパスワードです。

      Submitを選択

      ⑪ 「Enter a Server Name」に任意のサーバー名を入力します。
      KEPServerEXを使用しない場合は「Connect to Legacy and Non-Kepware OPC Servers」のチェックを入れ、<Next>を選択します。

      サーバー名を入力

      ⑫ <Launch ThingWorx Apps>を選択します。

      Launch ThingWorx Appsを選択

      ⑬ 左上のアイコンを選択します。

      左上のアイコンを選択

      ⑭ <ThingWorx Composer>を選択します。
      ThingWorx Composerが、様々なセンサー情報を可視化するための基本プラットフォームです。

      ThingWorx Composerを選択

      ⑮ ライセンス契約を確認し、<I Accept>を選択します。

      I Acceptを選択

      ⑯ Composer画面が表示されます。
      この画面がThingWorxの基本機能を使用するための初期画面です。

      Composer画面が表示される

      2回目以降のログイン

      ① デスクトップにショートカットが作成されていますので、ダブルクリックで実行できます。

      ショートカットをダブルクリック

      ② 起動画面でユーザー名とパスワードを入力します。

      ユーザー名とパスワードを入力

      ③ ThingWorx Composerを選択します。

      ThingWorx Composerを選択

      ThingWorxを学ぶ

      ThingWorxのことを学ぶには、以下のThingWorx developer portalが便利です。チュートリアルが用意されています。
      https://developer.thingworx.com/ja/resources/guides

      ThingWorx developer portal

      「ThingWorx for IoTを使い始める」のチュートリアルが用意されていますので、個々から始めると良いでしょう。

      チュートリアル

      The following two tabs change content below.
      ティーチャー三谷

      ティーチャー三谷

      多くの企業で3D CAD導入の教育やコンサルティングを行っています。また、Fusion 360セミナーの講師も務めていて、Autodesk社公認のFusion 360の講師です!

月間人気記事ランキング

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン