Autodesk社ソフトの選定フローチャートを作りました! ~PDMコレクション・Inventor・Fusion 360のどれ使えばいいの?~

動画職人大塚

こんにちは、動画職人の大塚です。

業務の3D化のためのシステム選定でお困りの方もいらっしゃると思いますので、今回はAutodeskの「Fusion 360」、「Inventor」、「PDMコレクション」のどれが必要なのか、簡単に判断できるようにフローチャートを作りました。

まずは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、簡単にそれぞれの特徴を整理しておきます。

PDMコレクション(Product Design & Manufacturing Collection)


PDMコレクションは、製造業には欠かせない16点のエンジニアリングソフトウェアをセットにした3Dソフトウェアトータルパッケージです。
PDMコレクション内には、AutoCAD・Inventor・Fusion 360の他にRecap、NASTRAN IN-CAD、HSMも含まれています。

年間利用料:386,000円(税抜)

PDMCのメリット・事例はこちら

以前に記事にもPDMコレクションについて書いているので参考にしてみてください!
参考記事:「PDMコレクションのメリットは?

Inventor


Inventorは、プロフェッショナルレベルの3D 機械設計、ドキュメント作成、製品シミュレーション、図面作成のツールが搭載された3D CAD ソフトウェアです。

年間利用料:296,000円(税抜)

Inventorの詳しい機能紹介については以前の記事「Fusion 360とInventorを徹底比較!」を参考にしてみてください。

Fusion 360


Fusion 360は、3DCAD/3DCAM/CAE が⼀括して⾏えるクラウドベースの製品開発プラットフォームです。
⼯業デザイン、メカニカルデザイン、シミュレーション、そして製造までの過程を、このツール1つで行うことができます。

年間利用料:56,000円(税抜)

機能紹介や体験版ダウンロードはこちら

では、実際にフローチャートを使って必要なシステムを確認してみて下さい!

Autodeskシステム選定フローチャート


いかがでしたでしょうか?
みなさんの業務に必要なシステムは見つかりましたでしょうか?

フローチャートではフォローしきれない事もあると思いますので、具体的なご相談は以下のページからお問い合わせ下さい。
https://bizroad-svc.com/pdmc/

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG