“接線円弧のスケッチはどのように描いていますか?”

フュージョンズ

“Fusion 360 Quick Tips集”の第6回のお題目は、接線円弧のスケッチはどのように描いていますか?
ここ数回は非常にマイナーなお題目が続いていますが、今回も恐縮ですが続きます。
Fusion 360を利用するメリットのひとつとして一般的な既存のCADと比較して、操作性がいいことが上げられます。
例えば、こちらの「接線円弧を ”線分コマンド” で描く」際にその利便性を感じていただけるのではないかと思います。
ここで 「どうして?何が違うの?」 と感じた方は、一般的なやり方と比較して動画を確認して見てください。
よろしくお願いします!

既存の操作例:
線分コマンド > 始点を選択 > 終点を選択 > 右クリック > 終了を選択 > 円弧コマンドを選択 > 終点を選択 > 中心点を選択 > 円弧の終点を選択 > 右クリック > 終了を選択 > 線分コマンド > 円弧の終点を選択 > 操作を終了。その後、接線高速を必要な所に追加する。

このような流れと比較してみると、Fusion 360で同様な作業を行うと大体90%ほどの工数を削減できるはずです。
動画を見てご確認下さい。

Fusion 360の線分コマンドで円弧を描く:
線分 > 始点を選択 > 終点を選択 > 終点に戻り、左クリックして長押し > 円弧を形成する方向にドラッグ > 左マウスボタンを放す > 円弧の終点を選択 必要であれば線分の追加が可能。

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG