CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360で作られた、フルアルミ切削のアタッシュケース!

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

Fusion 360で作られた、フルアルミ切削のアタッシュケース!

ティーチャー三谷

公開日:2017.05.25 最終更新日 : 2019.06.22

こんにちは、三谷です。

今回は、以前にご紹介した、3Dプリントで凱旋門のチョコレート型を作られたharuさんの新作をご紹介します。

このブログでの紹介後、チョコの売上が大幅UPしたらしいですよ!
これはすごい!Fusion360と3Dプリンターでチョコづくり

今回の作品はコチラ。ちょーおしゃれなアタッシュケースです。

01

・・・フルアルミ切削の!

02

Oh…なんという響きでしょう、「フルアルミ切削」笑

03

取っ手のこの部分も

04

枠のこの部分も

05

このヒンジも(ヒンジは真鍮)

06

かちゃってやるココも真鍮、周りの枠はメッキ仕上げ

07

かっこよすぎます!!

このアタッシュケースの設計、切削は、全てFusion 360で行われているそうです。特に、フタをあけたときの角度や、ヒンジの止まり具合、空けたときに干渉しないかは、Fusion 360のアセンブリ機能を活用しながら組み立てていったそう。今までだと、紙に書いて透かして見ながら動きを確認したり、実際に作って試していたのが、Fusion 360にしたことで一発で決まったとのことです。

更に極めつけはコチラ。取っ手の部分の中身はなんと、Generative Designもどき!笑 軽量化のために肉抜きされたそうです。

08

この隙間からチラッと見える感じを出したかったそうです。次回は、Fusion 360の最新機能、トポロジー最適化を使ってみたいとおっしゃられていました。

09

元はこんな部材から・・・

10

削り出して・・・

11

作っていく。

12

こんなことも、Fusion 360と、モノづくりスペースに置いてあるCNC機械や、数十万円で買える卓上の機械があればできてしまう。
なんとすばらしいことでしょう!

スリプリでは、全くの初心者から削りの世界に入れる「CNC入門セミナー」を開講しています。削りを体感しながらしっかり学べるセミナーは日本で唯一です。
http://3d-printer-house.com/3dcam-fusion360/
ここのところすぐ満席になってしまうため、東京開催の次回の日程は8月以降となります。名古屋では7月にも開催いたしますので、是非お早めにお申し込みください。

関連記事

Fusion 360 の使い方を学びたい方はこちら

スポンサードリンク

Fusion360

月間人気記事ランキング

MENU

おすすめ記事

おすすめ記事