【拡散希望】4月初頭に無償3DCAD 123D Designのデータがなくなる?!

ティーチャー三谷

こんにちは、三谷です。

今日は初心者向けCADとして人気の123D Designの話題です。
小学生でも簡単に操作できる無償3DCADとして、世界中で親しまれてきましたが、残念ながらこの度開発が終了することになりました。

後継のソフトとしてオートデスク社が推奨しているのはFusion 360です。

実は4月初旬(3月31日との情報も)で、123Dの公式サイトが閉鎖される予定になっており、今後は123Dシリーズのダウンロード及び、今までにギャラリーに保存したデータが開けなくなってしまいます!!
3Dデータの救出方法と、Fusion360へのインポート方法をお伝えします。

まず3Dデータの救出方法。
123D Designのデータをローカルに保存している方(任意のフォルダに、***.123dxという形式で保存されている方)は、この作業は不要です。
http://www.123dapp.comにサインインし、プロジェクトを確認します。救出したいデータを選択し、「.123dx」形式ファイルをダウンロードします。

123d_download


続いてFusion 360へのインポート方法です。
データパネルより、<アップロード>で、保存してある「.123dx」ファイルをアップロードします。ダブルクリックで開けます。

fusion_upload_123Ddesigns

とっても簡単ですね!

123Dユーザーの中には、Fusion360は高機能すぎて難しい、とか、操作感が違うから取っつきにくいと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

今後、123D Designを使用されていた方向けの記事もアップしていきますので、最新情報を受け取りたい方はコチラから会員登録してみてください。
また、facebookページTwitterでも情報発信しておりますので、いいね、フォローをしてみてください!

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG