Fusion360ユーザの集いでともさんとテルさんがディープインパクト!新企画も登場!?

Fusion 360 なるほどトピック

みなさんご無沙汰しておりました!久しぶりの登場のともさんです。

UDX

先週12/9に秋葉原UDXシアターで開催されたFusion 360ユーザの集い面白かったですね。

ロボットからカーデザインまで個性的な強者たちがたくさん登場しました。

サッカーロボットを開発している高専1年生の楠田さんはすごかったー。
基板設計から制御アプリ、モデリング、筐体切削加工まで独習でやってきたといいます。
  参考:Fusion 360ユーザー 高専1年生 楠田さんの紹介記事

私も高専OBなので応援してますよー!

個人的にいちばん良かったのは「テルえもん」さんと初めてお会いできたことです。(笑)
同じ東北出身ということなので、なんか親近感があります。


他のFusion360 BASE☆TERSメンバーも集結していたのでみんなで写真撮りたかったですね。

と突然ですが、ここで恒例のクイズ問題です!(いつもの展開^^)

Q.定期的に各地で開催されているFusion 360ユーザの集会のイベント名称はなんというでしょうか?

 1.スキルアップ
 2.ファーストステップ
 3.ミートアップ
 4.フードアップ
 5.アップステップジャンプ

 .

 .

 .

 .

 .

答えは、3番の「ミートアップ」でした。

今回の「Fusion 360 Meetup vol.06」では
初めておおやけの場での自己紹介があってフェースを明かしてしまいました。(面じゃなくて顔です)
シアターだけにあの光景は映画の舞台挨拶しているみたいですごーく緊張してました。
面白いこと言ったほうがいいのかなとか考えすぎてトークすべりました。(笑)
なんか伝えたかったことがほとんど言えてなかったので改めてご挨拶です。

私は3年前に3Dプリンターブームで入ってきた者なので3DCADは趣味からのスタートです。
当初6万円でRepRapの組み立て3Dプリンターを買って改造しながら楽しんでいました。
無料もしくは体験版のある3DCAD・CG関連ツールは、ほとんど触ってみましたが
結局、2年半前に「Fusion 360」に出会って履歴機能もあって無料だしこれだったら十分に使える!
と飛びつきました。レンダリングツールである「Keyshot」を少し体験していたのでFusion 360の
綺麗なレンダリング
には真っ先にはまりましたね。
そのころのFusion 360はまだ英語のベータ版で、日本でネタにしている人も数えられるほどしか
いなくて日本語の情報も皆無でした。なのでGoogle先生(検索&翻訳)をたよりに情報をかき集めて
自分のブログでシェアし始めたわけです。
自称クリエイターとしても「Thingiverse」と「3Dモデラボ」の投稿サイトを拠点にしながら
楽しく面白いものをモットーにモデリングしながら作品をつくってきました。(本職ではないです)
昨年10月に開設された日本語コミニティフォーラムにも積極的に参加してほとんど独習で好き放題に
やってきました。その後、今年の3月にティーチャー三谷さんからのお誘いがきっかけで
セミナーのお手伝いをさせてもらったりしてさらにスキルを磨きながらおかげさまで
今このような立場にもなれて感謝でいっぱいです。(涙)(笑)
Fusion 360をBASEに集まった面白く個性的な方々と楽しく過ごせた1年でした。
ありがとうございました。皆さま今後ともよろしくお願いします。。。

って、
年末のご挨拶みたいになってしまいましたが、私の話だけではつまらないので
新年に向けて新しい追加企画を思いついたので「テルえもんチャンネル」に負けじと
やっていきたいと思います。(クイズ企画も思いついたら随時やりますよ)

題して

「Fusion 360の意外と知らない楽しい裏技・裏情報トピック」

です!じゃじゃーん!! (また誰かとネタかぶりそうー)

vol.01として次回ご紹介する新企画!意外と知らない楽しい裏技・裏情報は。。。

「ワンクリックで全コマンド操作~!」

で~す! (なにそれー意味わかんなーい!

それではまた次回をお楽しみに!

以上
ともさん こと かんばら@とものり でした。

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG