Fusion360でVR用のデータをつくる方法

動画職人大塚

どうも、動画職人大塚です。

前回はブログではFusion360と全く関係のない映画レビューをしてしまいましたが、今回はちゃんとFusion360に関係のあること書きます。

しかも、あまり知られていないであろう、Fusion360でVR用のデータをつくる方法について紹介したいと思います!!
この情報おそらくまだWEB上に出てないような情報じゃないかと思います! ヽ(■д■)ノ

今回は、Google Cardboardを利用してスマホでVRを見る方法です!
→ 参照URL:http://pano.autodesk.com/

05

それでは解説します。

まずは、「Rendering in AUTODESK A360」のマイレンダリングページに行きます。
http://rendering.360.autodesk.com/mygallery.aspx

Autodeskアカウントにログインしていない場合は別のページにリダイレクトされてしまうので、「MY RENDERINGS」をクリックしてログインしてマイギャラリーに入りましょう。
00

続いて、VR用のデータにしたいFusion360で作成したデータの「▼」をクリックして、[名前をつけてレンダリング]-[ステレオパノラマ]をクリックします。

02

ダイアログボックスが表示されるので「レンダリング開始」をクリックします。

03

すると、ゴーグルのようなサムネイルが追加されます。
そのサムネイルを選んで下の方を見ると「Preview on your phone」というチェックボックスがあるのでそれにチェックを入れます。
するとQRコードとURLが表示されるので、どちらかを使ってスマートフォンに表示させます。

04

あとは、VRのゴーグルに突っ込めば完成です!
※偉そうなこと言ってますが実はGoogle Cardboard持ってないのでまだ検証してません!持ってる方試してみてください(笑)

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG