CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  Fusion 360で机のアセンブリで、ジョイント方式と位置合わせ方式を比較してみよう!

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

このコンテンツを閲覧するためには会員登録が必要です。
・会員登録がまだの方はこちらより会員登録をお願いします。
・会員登録がすでにお済みの方はこちらよりログインしてください。

Fusion 360で机のアセンブリで、ジョイント方式と位置合わせ方式を比較してみよう!

解説!モデリング動画

公開日:2016.07.31 最終更新日 : 2019.03.29

今回やるのはアセンブリです。なんと動画を2本作りました。

1つ目は、ジョイントコマンドでアセンブリ
2つ目は、位置合わせコマンドと位置固定ジョイントの合わせ技

これら2つのやり方を見ていきます。

机は静物なので、剛性タイプの拘束をかければいいですよね?
その場合は1つ目の動画でお見せするような
ジョイントコマンドで拘束していくやり方は結構めんどくさい時もあります。

2つ目の動画を見ていただければわかりますが、さくさくアセンブリしていきます。

動く物を対象にした場合も、位置合わせを先に行ってから
位置固定ジョイントのほうが楽な場合もあるかもしれません。
お試しあれ。

hhttps://youtu.be/LXBeBZCQoxE

個人的には位置合わせコマンド好きです。なぜならさくさく動く。
あと静物のアセンブリの場合は、拘束しないで位置だけ合わせて終わりにすることもあります。
レンダリングするぐらいであれば、拘束する必要ないですからね。
(移動させるときはやっぱ拘束あったほうがいいけど)

The following two tabs change content below.
解説!モデリング動画

解説!モデリング動画

Fusion 360を研究しているモデリング博士がチュートリアルや解説動画を中心に活動していきますので宜しくお願いいたします。

月間人気記事ランキング

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン