facebook

わずか570gの工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」リリースへ!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」をご紹介します。

3Dスキャナーブランド「SCANTECH」の日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社は工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」をリリースしました。

「SIMSCAN」特長

本製品は、従来の3Dスキャナーにはなかった機能が備わっています。
製造業の現場で「SIMSCAN」がどういった場面で役立つのか、3つのトピックに分けて詳しくご紹介します。

軽量で携帯性抜群

SIMSCANの重量はわずか570gとなっており、ハンディ3Dスキャナーの中でも最軽量クラスの軽さとなっています。従来の工業用3Dスキャナーは重量が1㎏前後のものが多くて、長時間使用するのは疲れてしまうといったストレスがあったと思うのですが、本製品はそういった心配はありません。
サイズも203×80×44mmと、500mmペットボトルサイズの大きさになっており、片手で使用することができます。
その結果、様々な製造業の現場で使用することができるようになり、例えば、従来の工業用3Dスキャナーでは計測できなかった場所でもスキャンが可能となりました。

狭いエリアでも測定可能

固定式3Dスキャナーやサイズが大きいハンディ式の3Dスキャナーでは狭いエリアや被写体の裏側や死角などのスキャンは困難でした。しかし、本製品は手持ち式で小型サイズの大きさなので、測定が難しいエリアでもスキャンが可能となり、被写体を様々な方向から計測することができます。
そのため、被写体の隅々までデータを所得することが可能となりました。
このように、SIMSCANは測定が難しいエリアでの計測もできるようになったのですが、その他にも、測定が出来なかった被写体もスキャンできるようになりました。

スプレーなしで光沢物をスキャン

これまでの非接触式の3Dスキャナーは、光沢のある被写体や黒い被写体をスキャンする場合は粉末スプレーを塗布して、計測する必要がありました。ですが、SIMSCANを使えば、粉末スプレーなしでそのままスキャンできるので、測定作業を効率化することができます。

その他の特長

・ワークフローの効率化
・高精度3Dスキャン
・幅広いサイズに対応
・ユーザーフレンドリーなデザイン

 

粉末スプレーなしで光沢物をスキャンでき、わずか570gの工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」に注目です!

最新情報をチェックしよう!